勃起不全に陥り、自分では対処できない体の反応に対する悩み

私が勃起不全になった話をしたいと思います。
実は、こんなの勃起不全については私自身が当事者であり27歳の時に初めて自分の体に違和感が出始めていることに気づいたことがきっかけでした。
勃起不全になる前までは、特に性的興奮を促すいわゆるアダルトビデオであったり、露出の多い雑誌などを目にしただけでたちまち無意識のうちに勃起をしてしまうなど、性に関する悩みは一切ありませんでした。

しかし、27歳になった時当時付き合っていた彼女と性生活を行なっている時に、突然勃起しなくなってしまいました。
初めの頃は「今日はそういう気持ちにならなかったていうことか」と軽く考えていましたが、翌日も勃起することはありませんでした。
何かきっかけがあったわけではなく、突然夜の営みをしようと思った矢先にどれだけ興奮的なシチュエーションであったり、彼女が刺激的な下着をつけたとしても頭は興奮しているのに、体が一切反応を示さない状況に陥ってしまいEDのお薬というサイトを読んで、あっ自分がEDなんだと実感しました。

勃起不全が原因で彼女との関係が悪化

彼女がどれだけ努力して私を振り向かせよう、その気にさせようと動いてくれているにもかかわらず、肝心な部分は一切反応がなく刺激を与えても特に勃起することはありませんでした。勃起しないことに対するストレスや彼女に迷惑をかけているという罪悪感から、強いプレッシャーを感じる日々が余計に続いていくようになりました。

勃起不全については、明確な原因がわかっておらず、今だに「ストレスからくるもの」と言われてたり、「ホルモンバランスの崩れ」や「飲酒喫煙によるもの」など様々なことが言われています。しかし、どれも心当たりがない今回のものは、対処方法がわからずとにかく以前まで勃起をしていたアダルトDVDを見るなどして、体の反応を探りながら自分の特徴を知っていくように取り組むようになりました。

いくら努力しても改善しない勃起不全

以前のように、悩みを抱えることなく夜の営みに集中したいという気持ちが強くなりましたが、いくら食生活をバランスの良い「ねばり」などが特徴なオクラや納豆などを食べても一向に改善しない私自身の勃起不全は万事休すの状態にまで追いやられてしまいました。

とにかく原因がわからない以上、改善策が見えないため、とにかく食生活に栄養バランスのよく撮れたものを食べることや睡眠時間を7時間以上は平日でも取るようにするなどホルモンバランスを安定させることや神経を安定させることで、強いては血管を拡張させ血液をより多く送り込むことができるように取り組むなど健康体に変化していくように継続して取り入れました。

勃起不全になって悩むのは私だけじゃない

勃起不全になると一番最初に気づいてしまうのは、そばにいる彼女の存在です。
夜の営みを行うもの当の本人たちであるため、いくら刺激を与えたり興奮するようなものを見せても一向に反応がないことにより、女性は「自分はセクシーさが足りないのか」と自信をなくしてしまいがちです。勃起させられていないのは自分がそういうことが下手なのかもしれないという場合も感じられます。

十分に恋人との時間を楽しむことができずに、集中力も散漫になりまたそういう状況になった際には、勃起してくれるのかどうかはその時次第という気ままな性格っぷりに疲れたり新しく悩むようになったりすることもありました。

勃起不全は自分だけの悩みじゃない。パートナーがいてこそ意味のある機能であるため、その機能が果たせないということであれば自分だけでなく、勃起をさせられてあげていない私に問題があるのかも?と女性の場合は自分に問題があると考えてしまう傾向があり、相手の立場が悪くなると自分を責めたり、相手をかばう特徴があります。

勃起不全改善方法に取り組む

とにかくこのまま勃起をしないままというのは嫌だと考えた結果、市販でも売りだ冴えている最近のアイテムを使用することが良いのかもしれません。
有名なところであれば、「バイアグラ」も男性の中における勃起不全対処法として今もなお働いています。

そのほか、ジェネリック薬においても勃起不全に関わる成分が含まれており、若いうちから早めに対処しておくことが将来においては大きな痛手となる恐れがあるため、薬局で処方してもらうことで、勃起不全という不幸に悩まなくて良い日が1日も早くお目にかかれればと思います。

カテゴリー: ED